会計に関する業務

未分類

会計士に会社設立後も顧問契約を結ぶ場合、会計に関する業務を依頼することが多くなっています。会計士に依頼することも可能ですが、税務申告の際にも依頼しやすいことから、税理士にお願いすることも多いようです。

会計に関する業務は、日々の記帳代行から会計指導まであります。毎日の記帳に手間をかけたくない方は、税理士にすべて依頼したほうがスムーズです。伝票や領収書を税理士に渡せば、代わりに記帳をしてくれます。税理士によってもさまざまな会計ソフトに対応してくれ、わずらわしい作業はありません。また、会社設立後まもなくで会計のことがわからないなら、税理士に会計のやり方を指導してもらうこともできます。ソフトを使って教えてもらうため、数ヶ月くらいでマスターすることが可能です。自身でやり方を覚えて、資金繰りをやりたい場合も税理士は役立ちます。

さらに税理士は会計をもとにしながら、経営アドバイスの業務もしています。売上を伸ばすアドバイスから節税対策まで対応し、総合的に会社に多くお金を残す対策をしてくれます。日々の会計をお願いするだけでは現状は見えにくくなるため、一緒に経営状況を見直し、適切なアドバイスを受けたほうが企業の進歩が期待できます。

税務調査に対応する

未分類

会社設立後の税金対策で重要となってくるのが、税金の申告を正しくおこなうことです。税金の申告は本人が申告することとなっており、申告内容が本当に正しいかはわからないわけです。極端なことをいえば、嘘をついて申告することも可能です。ただしそのような嘘の申告に対応するのが税務調査で、脱税疑惑のニュースはたまに見ることがあるでしょう。自分には関係ないと思ってしまうかもしれませんが、大中小と企業の規模に関係なく、税務署は目を光らせています。

もちろん税務申告に嘘がなければ、税務調査におびえる必要はありません。もし嘘がばれれば重いペナルティーが課せられるため、絶対にやってはいけないことです。しかし、人には誰でも間違いがあるもので、完ぺきの税務申告ができるとは限らないでしょう。そのようなミスを防ぐために税理士が存在しており、万が一税務調査があった際に会社にとって不利が無いよう対応するのも税理士の仕事です。税務署の言い分をすべて聞くということではなく、今後のミスをどう防ぐか、なぜミスが起きたのか正しく説明してもらう必要があります。

会社設立後から自分で税金対策をしていると、1つや2つのミスは発生しやすくなり、さらに税務調査が入ったときにきちんと対応できるかは確実だとはいえません。そのために税理の仕事が存在しているのです。

税理士に依頼する必要性

未分類

会社設立時に税理士に依頼すべきか迷っている方も多いでしょう。会社設立のサポートは税理士でなくても可能で、会計士なども可能となっています。そのため、それらの人たちはいったい税理士と何が違うのだろうか?という疑問を持つ方もいるでしょう。そのような方は、あえて税理士に依頼するメリットを知る必要があります。

税理士と会計士は似ている職業で、どちらも会社顧問になると、会計を担当することになります。それなら会計士に依頼しても同じと思うかもしれません。しかし、税理士でしかできない業務も存在しており、会社のお金の計算だけに留まらない内容があるのです。税理士しかできない業務は、納税者の代わりに税金の申告をする、税務署に提出する書類の作成、税務相談です。つまり税金に関する業務は税理士しかできず、会計士とは会社の決算書を監査する立場です。万が一税務調査が入ったときの対応は税理士で、相続税や法人税の節税対策も税理士が対応します。できるだけ税金の額を減らし、会社にお金を残す対策は税理士が対応することになります。税理士は同時に会計の知識も持ち合わせているため、なかには会計士から税理士へと転向する方もいます。それだけ会社設立にかかわる知識を持ちあわせているのが税理士なのです。

さらに税理士は税金対策や帳簿を付けるだけの業務に留まらず、会社経営に関するサポートも受けられるようになっています。これから会社設立を考えている方向けに、税理士とはどのような仕事を受け持つのかの情報を当サイトで紹介します。