会計に関する業務

未分類

会計士に会社設立後も顧問契約を結ぶ場合、会計に関する業務を依頼することが多くなっています。会計士に依頼することも可能ですが、税務申告の際にも依頼しやすいことから、税理士にお願いすることも多いようです。

会計に関する業務は、日々の記帳代行から会計指導まであります。毎日の記帳に手間をかけたくない方は、税理士にすべて依頼したほうがスムーズです。伝票や領収書を税理士に渡せば、代わりに記帳をしてくれます。税理士によってもさまざまな会計ソフトに対応してくれ、わずらわしい作業はありません。また、会社設立後まもなくで会計のことがわからないなら、税理士に会計のやり方を指導してもらうこともできます。ソフトを使って教えてもらうため、数ヶ月くらいでマスターすることが可能です。自身でやり方を覚えて、資金繰りをやりたい場合も税理士は役立ちます。

さらに税理士は会計をもとにしながら、経営アドバイスの業務もしています。売上を伸ばすアドバイスから節税対策まで対応し、総合的に会社に多くお金を残す対策をしてくれます。日々の会計をお願いするだけでは現状は見えにくくなるため、一緒に経営状況を見直し、適切なアドバイスを受けたほうが企業の進歩が期待できます。