税務調査に対応する

未分類

会社設立後の税金対策で重要となってくるのが、税金の申告を正しくおこなうことです。税金の申告は本人が申告することとなっており、申告内容が本当に正しいかはわからないわけです。極端なことをいえば、嘘をついて申告することも可能です。ただしそのような嘘の申告に対応するのが税務調査で、脱税疑惑のニュースはたまに見ることがあるでしょう。自分には関係ないと思ってしまうかもしれませんが、大中小と企業の規模に関係なく、税務署は目を光らせています。

もちろん税務申告に嘘がなければ、税務調査におびえる必要はありません。もし嘘がばれれば重いペナルティーが課せられるため、絶対にやってはいけないことです。しかし、人には誰でも間違いがあるもので、完ぺきの税務申告ができるとは限らないでしょう。そのようなミスを防ぐために税理士が存在しており、万が一税務調査があった際に会社にとって不利が無いよう対応するのも税理士の仕事です。税務署の言い分をすべて聞くということではなく、今後のミスをどう防ぐか、なぜミスが起きたのか正しく説明してもらう必要があります。

会社設立後から自分で税金対策をしていると、1つや2つのミスは発生しやすくなり、さらに税務調査が入ったときにきちんと対応できるかは確実だとはいえません。そのために税理の仕事が存在しているのです。