税理士に依頼する必要性

未分類

会社設立時に税理士に依頼すべきか迷っている方も多いでしょう。会社設立のサポートは税理士でなくても可能で、会計士なども可能となっています。そのため、それらの人たちはいったい税理士と何が違うのだろうか?という疑問を持つ方もいるでしょう。そのような方は、あえて税理士に依頼するメリットを知る必要があります。

税理士と会計士は似ている職業で、どちらも会社顧問になると、会計を担当することになります。それなら会計士に依頼しても同じと思うかもしれません。しかし、税理士でしかできない業務も存在しており、会社のお金の計算だけに留まらない内容があるのです。税理士しかできない業務は、納税者の代わりに税金の申告をする、税務署に提出する書類の作成、税務相談です。つまり税金に関する業務は税理士しかできず、会計士とは会社の決算書を監査する立場です。万が一税務調査が入ったときの対応は税理士で、相続税や法人税の節税対策も税理士が対応します。できるだけ税金の額を減らし、会社にお金を残す対策は税理士が対応することになります。税理士は同時に会計の知識も持ち合わせているため、なかには会計士から税理士へと転向する方もいます。それだけ会社設立にかかわる知識を持ちあわせているのが税理士なのです。

さらに税理士は税金対策や帳簿を付けるだけの業務に留まらず、会社経営に関するサポートも受けられるようになっています。これから会社設立を考えている方向けに、税理士とはどのような仕事を受け持つのかの情報を当サイトで紹介します。